• TOP
  • サステナビリティ
  • 健康経営

健康経営

考え方

当社は、「東海カーボン健康経営宣言」を掲げ、従業員とその家族の健康保持・増進について、会社として積極的にサポートするべく、各種施策を推進していきます。

2022年7月25日

東海カーボン健康経営宣言

企業活動を支える最も重要な財産は人材です。当社従業員とその家族が、心身ともに健康であることは、従業員とその家族の幸せの基盤であるとともに、当社が企業価値向上を果たすための基盤でもあり、最終的には、それが持続可能な社会の実現への貢献にもつながります。
東海カーボンは、健康経営に積極的に取り組み、従業員一同とともに成長できる会社を目指します。

そのために、

1.当社は、従業員が心身ともに健康で、働きがいを持ってチャレンジし、成長できる職場環境づくりに努めます。

2.当社は、従業員が、自覚を持って、自分とその家族の健康保持・増進に取り組めるよう、支援します。

代表取締役社長
長坂 一

体制

健康経営推進にあたり、人事部管掌役員を委員長とする「健康経営推進委員会」(以下、委員会)を設置しています。委員会では、各事業場での課題や施策の進捗状況などを確認し、健康経営推進施策の討議を行います。そして、討議にて決定した施策の周知や実行、浸透を図ります。また、委員会のオブザーバーである健康保険組合、産業医、労働組合と連携することで、より効果的な健康保持・増進施策の構築を目指します。なお、年に1回、経営会議、取締役会へ取り組み状況や結果の報告を行いながら、PDCAの活動につなげます。

健康経営体制

目標

当社は、「肥満者比率」および「喫煙率」が高いことが最も重大な健康課題であるため、2つの課題に着目した以下の具体的な目標を設定し、健康経営推進活動に取り組んでいます。

【健康課題の目標設定①】

項目 条件 目標(2024年まで) 2020年度実績
( )は健保連平均
肥満者比率 BMI25以上 35%以下 48.7%
(40.6%)
喫煙率 20%以下 31.0%
(24.1%)
二次健診受診率 受診率100%
特定保健指導
受診率
受診率30%以上 27.5%
(27.1%)

【健康課題の目標設定②】

項目 目標達成に向けた活動
肥満者比率 ・年2回のウォーキングイベント
・年2回の教育の中で肥満に関する研修を実施
喫煙率 ・勤務時間中の喫煙禁止をルール化
・研修や禁煙活動の周知
二次健診受診率 ・各事業場で受診対象者への積極的な受診勧奨
・人事部による事業場別の実績確認、受診勧奨依頼
特定保健指導
受診率
TOP