東海カーボン 技術と信頼で未来に答えを

MENU

CSR調達

考え方

CSR調達の基本的な考え方

当社は、企業活動を通じて、株主、お客様、お取引先、地域社会、従業員等、ステークホルダーの皆さまとの「信頼の絆」を育んでいくことを基本理念に掲げておりますが、皆さまの信頼に応えつつ、持続的な企業活動を展開していくためには、地球規模の環境・社会課題に、当事者として向き合っていく必要があります。
このような取り組みは、当社グループの努力だけで完結するものではなく、上流サプライチェーンを含めたサプライヤーの皆様のご理解・ご協力が不可欠と考え、本調達ポリシーを策定致しました。当社グループは、本調達ポリシーを通じ、サプライヤーの皆様とともに、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

方針

CSR調達方針

「東海カーボングループ 調達ポリシー」の項目
1)企業の責任
2)透明性
3)人権の尊重
4)雇用・労働
5)環境
6)品質・安全確保
7)公正な事業遂行
8)コミュニティへの貢献

『東海カーボングループ 調達ポリシー』 (PDF: 289KB)

取り組み

グリーン調達の促進に向けた取り組み

【輸送にかかわる省エネ・環境負荷低減活動グリーン調達・グリーン購入】

環境活動の一環として、製品の原材料・部品や資材、サービスなどをサプライヤーから調達する際に、環境負荷の小さいものを優先的に選ぶ取り組みを行っています。

  1. 燃料

    CO2排出を抑制できるよう、一部の燃料を重油からガスに切り替えています。

  2. 副資材

    産業廃棄物削減のために、使用後の有価物化や再利用が可能な副資材への切り替えを行っています。

  3. 梱包・包装資材

    限りある資源を有効に使うため、梱包の簡素化や再生材の使用など環境に配慮した梱包を心がけています。また、繰り返し使用できる通い箱方式も導入しており、その際に使用した緩衝材も引き取って再使用するなど、省資源化に役立てています。

  4. グリーン購入

    必要性を十分に考えた購入や、環境に与える負荷ができるだけ小さい製品の優先的購入が、持続可能な循環型社会の構築に極めて有効です。こうした認識に立ち、「グリ-ン購入に関する基本方針」および「グリ-ン購入の手引き」を作成し、統一された基準のもとでグリ-ン購入を積極的に推進しています。

サプライチェーンにおける人権問題・労働問題解決に向けた取り組み

当社は、基本理念として「信頼の絆」を掲げています。この考え方は、当社と顧客・お取引先・株主・従業員・社会といったステークホルダーとの間で信頼関係を築くことを意味しています。
当社グループは世界各地に拠点を持ち、世界中のお取引先様から原料を調達しています。そのため、サプライチェーン全体で人権・労働問題の解決に向けて取り組むことが、顧客や株主をはじめとする幅広いステークホルダーの皆様からの信頼、つまり「信頼の絆」につながると考えています。

TOP