• TOP
  • サステナビリティ
  • 水資源

水資源

考え方

水資源における基本的な考え方

水は当社の事業活動に不可欠であり、また、当社の工場等が立地する地域社会においても大切な資源であることを認識しています。そのため、水の循環利用や製造プロセスの改善による効率的な水利用を全社的に進めています。

目標

当社は、生産上必要な水使用量を明確に把握し、余分な水使用量を抑えることで、水使用量を2022年から毎年、2018年度比年1%以上削減することを目標に取り組んでいます。
※対象:単体

取り組み

水リスク評価

当社では、WRI Aqueductを使用して水ストレスのかかる地域を特定しています。2019年は、本社・支店及びグループ企業を含めた国内外の全45拠点(※1)を対象に調査を実施しました。
このうち、1拠点で水ストレスが高いと判定(※2)されましたが、過去の洪水・干ばつの発生状況や水使用量(※3)の詳細な調査より、低リスクであることを確認しています。

  • ※1 2019年7月現在
  • ※2 WRI Aqueductのリスク項目のうち、「総合的な水リスク」に該当する地域。
  • ※3 地下水や河川からの取水はなく、拠点の自治体と取り交わした取水権内の工業用水を月平均約3万トン使用しています。

パフォーマンス

環境データ

パフォーマンスにおいて、水使用量は取水量に集約し、算出しております。

取水量 (単位:千㎥)

2018年 2019年 2020年 2021年
取水量 2,880 2,846 2,637 2,880
(水源内訳) 水道水 277 326 290 292
(水源内訳) 河川(工業用水) 1,858 1,801 1,697 1,908
(水源内訳) 地下水 745 719 649 680
  • 集計対象期間:各年1月~12月
  • 報告対象範囲:単体

排水量 (単位:千㎥)

2018年 2019年 2020年 2021年
排水量 1,881 1,956 1,898 2,003
(排出先内訳) 下水道 100 108 95 108
(排出先内訳) 河川 461 466 434 442
(排出先内訳) 海域 1,321 1,382 1,369 1,453
  • 集計対象期間:各年1月~12月
  • 報告対象範囲:単体

水域への環境負荷物質排出関連デ-タ

横スクロールで表全体を確認

単位 2018年 2019年 2020年
BOD排出量 kg/年 1,372 1,787 1,781
COD排出量 kg/年 6,855 9,369 9,170
全窒素排出量 t/年 5.4 6.0 5.2
全りん排出量 t/年 0.2 0.2 0.1
  • 集計対象期間: 各年4月~3月
  • 報告対象範囲:単体
  • ※ 全窒素排出量および全リン排出量は、環境省「水質汚濁に係る環境基準 別表2 生活環境の保全に関する環境基準(海域・湖沼)」の指定水域に関係する事業場

当社では、多くの拠点で工業用水を使用しているものの、一部の拠点では水源を上水(水道水)や地下水に頼っています。上水(水道水)を使用している石巻工場では、上水の使用量の60%削減(2012年度比)を目標として循環利用や製造プロセスの改善等に取り組んでおります。

目標(上水の使用量60%削減)に対する進捗
2019年:達成 2020年:達成 2021年:達成

2021年度の水に関する法令・条例等の違反件数:0件

TOP