東海カーボン 技術と信頼で未来に答えを

MENU

環境マネジメント

考え方

基本的な考え方

当社グループは、地球環境保全を経営における最重要課題の一つと位置づけ、ISO14001に基づいて構築した環境マネジメントシステムの運用により、企業活動と環境の調和に努めています。
企業活動と環境の調和、持続可能な循環型社会の実現に向けて、生産と物流を中心とする事業活動が地球に与える影響を、定性的・定量的に把握評価し、その低減に向けてさまざまな取り組みを行っています。
東海カーボングループの環境保全活動を推進するために「環境理念「」環境方針」を制定しています。

環境理念

東海カ-ボングル-プは、地球環境保全を経営における最重要課題の一つと認識し、企業活動と環境の調和に努め、持続可能な循環型社会の実現に向けた活動を展開します。

環境方針

  1. 環境管理体制の充実

    環境マネジメントシステムの維持・向上に努め、環境配慮型企業活動を展開します。

  2. 資源・エネルギーの効率的利用の促進

    省資源、省エネルギ-、廃棄物の最小化、地球温暖化物質・有害物質等の排出削減により、地球環境保全に努めます。

  3. 環境関連法規の遵守

    環境に関する法律、条例、各種協定等を確実に守ると共に、必要に応じて自主管理基準を定めて、環境保全に努めます。

  4. 環境啓発活動と社会貢献活動の推進

    環境教育等により、環境意識の高揚を図ると共に、地域の環境保全活動に参画し、地域環境保護、コミュニケ-ションの向上に努めます。

  5. 環境情報の公開

    企業活動の環境情報を広報活動等により公開し、社会に対する透明性を図ります。

体制

環境マネジメント

【環境防災に関する推進体制】

「環境防災対策本部委員会」と、グループ会社も参加して事業部ごとに開催する「環境防災対策事業部委員会」で構成するマネジメント体制を構築しています。
重要な施策や方針は、環境防災対策本部委員会で決定し、各事業部の活動は、環境マネジメントISO14001とリンクし、より実効性の高い目標にチャレンジしていきます。

横スクロールで表全体を確認

環境防災推進体制

ISO14001に基づく環境マネジメントシステム

全社の環境防災活動における最も基本的な組織で、PDCAサイクル(計画→実施→点検→見直し)を通して、継続的な改善を図っています。

横スクロールで表全体を確認

ISO14001に基づく環境マネジメントシステム

ISO14001認証取得状況

ISO14001は、環境配慮型企業活動を進める上で重要なシステムであり、当社では国内のすべての生産拠点で認証を取得しています。

ISO14001認証取得状況

環境マネジメントシステム監査状況

任命された監査員による「内部監査」と外部環境認証機関による「外部審査」を定期的に行い、環境保全活動の実効性を高めています。外部審査において重大な指摘事項はなく、2018年までに全生産拠点でISO14001新規格(2015年版)へ移行し、運用しています。

目標

環境目標

環境活動を進める上で、当社は次の4つのターゲットを活動の主体として取り組みを進めています。

  1. 法令等遵守

    関連する法、条例、地域と結んだ協定、合意事項などを整理し、適切に遵守しています。
    2018年、当社事業場において重大な法令、条令の違反はなく、環境関連訴訟、罰金などについてもありませんでした。

  2. 環境クレームゼロ

    地域との共生を重視し、関連する法、条例、地域と結んだ協定、合意事項などで定められた基準以下でも地域社会の中で問題となる事象については、適切に対応しています。2018年、当社において重大な環境クレームの発生はありませんでした。

  3. エネルギー消費原単位の削減

    当社は、2019年より、CO2排出原単位の削減から目標を変更し、エネルギー消費原単位の削減を図ることで温室効果ガス(CO2)の排出削減を目指します。
    省エネルギー法の基準に基づき、中期的にはエネルギー消費原単位の前年度比1%削減を実現することでSクラスを目指します。
    →データをみる

  4. 産業廃棄物の削減

    2018年の産業廃棄物発生量は前年比で増加しました。主な要因は、旺盛な需要に対応して生産量が増加した一方で有価物の引取量が減少したこと、また、設備の整備・補修、遊休資産の処分等を進めたことです。
    引き続き、分別の徹底や、社会状況に応じた廃棄物の高付加価値化を図り、委託処理量のさらなる削減と最終埋立量の削減に注力していきます。
    →データをみる

取り組み

事業活動における環境負荷低減の取り組み

各環境防災対策委員会が中心となり、生産活動におけるCO2排出原単位の改善と、産業廃棄物委託処理量・最終埋立量の削減について、目標を立ててその達成に向けて活動しています。また、輸送および原材料・副資材、梱包・包装資材などに関しても取り組みを進めています。輸送距離の短縮、積載効率の向上など輸送事業者、着荷主と連携を取りながら省エネルギー・省資源活動を推進していきます。輸送部門として、当社製品を扱うグル-プ会社の東海運輸(株)でも、低燃費車両の導入、エコドライブの推進、共同配送など、環境負荷の低い輸送を心がけています。

グループ企業における環境への取り組み

国内のグル-プ企業も、当社各事業部の取り組みと並行して中期の具体的な環境目標(CO2、産業廃棄物について)を設定し、環境活動を積極的に推進しています。

環境教育・啓発

企業が環境への取り組みを推進するためには、従業員一人ひとりが環境問題に対する理解を深め、環境意識を持って行動することが重要です。
当社は環境方針に環境啓発活動を掲げ、さまざまな環境教育・啓発活動を積極的に実施しています。環境マネジメントシステムにおいて、環境汚染事故の可能性を特定し、環境汚染防止に取り組むとともに、万一緊急事態が発生した場合にも環境に及ぼす影響を最小限に抑えるための体制および手順を確立しています。
また、事業活動を行っていく上で必要な公害防止管理者やエネルギー管理士など、環境関連資格者の育成を計画的に進めています。

TOP