東海カーボン 技術と信頼で未来に答えを

MENU

沿革

1918年 1918年

東海電極製造株式会社として創立
良質な電極の安定供給および、炭素製品の需要業界である電力利用工業の発展予測、当時課題となっていた過剰電力の有効利用等を鑑みた事業展開

1936年 1936年

日本初となる黒鉛電極の輸出を実現
名古屋工場からスウェーデンへ

1938年 1938年

茅ヶ崎工場完成。
電気用ブラシ、炭素棒の生産開始

1941年 1941年

九州若松工場にて、日本で初めてカーボンブラックの
製造を本格始動

1950年 1950年

日本初のファーネス式カーボンブラック「シースト116」の工業化に成功

1960年 1960年

整流・耐摩耗性に優れた東海道新幹線向け高速電車の主電動機用電気ブラシ「TD350」完成。高速電車用として人気を博す

1962年 1962年

日本初の24インチ黒鉛電極を納入。英国・カナダ・西ドイツへ輸出

1975年 1975年

社名を「東海カーボン株式会社」に変更

1986年 1986年

田ノ浦工場がファインカーボン専用工場として生産開始

1987年 1987年

海外における営業活動強化のため海外現地法人「TOKAI CARBON AMERICA, INC.」をニューヨークに設立

1990年 1990年

合弁会社「THAI CARBON PRODUCT CO., LTD.」(タイ国)に資本参加。同社にカーボンブラックの製造技術を供与する契約を締結

1992年 1992年

東洋カーボン株式会社と合併

1994年 1994年

ノーズキャップに当社のC/Cコンポジットが装着された
大気圏突入実験機(OREX)が打ち上げられる

1996年 1996年

米国オレゴン州にSiCコーティング事業等を目的とした海外現地法人「TOKAI CARBON U.S.A.INC.」を設立

2004年 2004年

中国・天津に、カーボンブラックの製造販売を目的とした子会社「東海炭素(天津)有限公司」を設立

2005年 2005年

ドイツの黒鉛電極およびカソードの製造販売会社「ERFTCARBON GmbH(現TOKAI ERFTCARBON GmbH)」を買収

2012年 2012年

中国・蘇州に、摩擦材製品の製造・販売会社「東海碳素(蘇州)有限公司」を設立

2014年 2014年

カナダのカーボンブラック製造会社「Cancarb Limited」を買収

2017年 2017年

Lib負極材の成長加速にともない、負極材事業を開発戦略本部から独立させ事業化

LiB負極材や水性CBなど時代をリードする新素材を開発

カーボンの新たな可能性を引き出す研究と開発にも定評がある東海カーボン。電気自動車の普及などで世界的に需要が高まるリチウムイオン電池(LiB)には、性能を左右する負極材の素材として、世界有数の熱処理技術を活かした高品質&低コストの製品を開発し提供。また、独自の技術によって生まれた水性カーボンブラックは、漆黒性が高くシャープな輪郭を描くインクジェットプリンター用インクとして大手プリンターメーカーに採用されています。

TOP