東海カーボン 技術と信頼で未来に答えを

MENU

CSR

当社は、総合カーボンメーカーとして、人、社会、地球のために役立つ技術を追求し、日々の豊かさを支える事業活動に邁進してきました。これからも、時代の変化に応じた社会や環境の課題を見きわめ、ますます重要になる企業の社会的責任を果たしていきます。

CSR基本方針・環境理念

CSR基本方針

東海カーボングループは、企業理念であるステークホルダーとの「信頼の絆」を基盤として企業活動を行っています。
この理念のもと「コンプライアンス」「環境」「社会貢献」にCSR活動の重点をおき、従業員一人ひとりがCSRを自分のものと自覚し真摯に取組むことにより、広く社会の持続的発展に貢献します。

当社およびグループ企業のトータルな環境保安活動、
管理を強力に推進するために、
「環境理念」「環境方針」を制定しています。

環境理念

東海カ-ボングル-プは、地球環境保全を経営における最重要課題の一つと認識し、企業活動と環境の調和に努め、持続可能な循環型社会の実現に向けた活動を展開します。

環境方針

  1. 環境管理体制の充実

    環境マネジメントシステムの維持・向上に努め、環境配慮型企業活動を展開します。

  2. 資源・エネルギーの効率的利用の促進

    省資源、省エネルギ-、廃棄物の最小化、地球温暖化物質・有害物質等の排出削減により、地球環境保全に努めます。

  3. 環境関連法規の遵守

    環境に関する法律、条例、各種協定等を確実に守ると共に、必要に応じて自主管理基準を定めて、環境保全に努めます。

  4. 環境啓発活動と社会貢献活動の推進

    環境教育等により、環境意識の高揚を図ると共に、地域の環境保全活動に参画し、地域環境保護、コミュニケ-ションの向上に努めます。

  5. 環境情報の公開

    企業活動の環境情報を広報活動等により公開し、社会に対する透明性を図ります。

ISO14001への取り組み

環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001は、環境配慮型企業活動を進める上で重要なシステムです。当社は、ISO14001の認証取得を積極的に推進してきましたが、2003年5月に湘南事業所(現 湘南工場)が認証登録され、当社は7生産拠点すべてで認証取得し継続しています。

環境保全活動

二酸化炭素(CO2)排出原単位削減および産業廃棄物削減の取組み

企業活動と環境の調和、持続可能な循環型社会の実現に向けて、経営における最重要課題の一つとして、当社では継続的に二酸化炭素排出原単位の削減と産業廃棄物の削減に取組んでいます。
当社工場では電力エネルギーに頼る業種が多く、様々な工夫を凝らし、電力の使用量を削減することが重要な取組みとなっています。
産業廃棄物は、最終埋立て処理量の削減目標を加えたことにより、外部委託処理量の削減の目標のみを掲げて活動をしていたころに比べ成果が表れるようになりました。

二酸化炭素(CO2)排出原単位の削減

二酸化炭素排出量は特に生産の増減によって影響を受けます。原単位も生産量によって複雑ではありますが、上下しますので、短期的な結果に一喜一憂するのではなく、今後も現実的な対応を積み重ねて、継続的に二酸化炭素排出原単位の削減への取組みを進めてまいります。
本報告では、二酸化炭素排出量を当社の二酸化炭素排出状況に則して、経済産業省、経団連の低炭素実行計画より広い範囲の燃料、原料の使用量を把握し、二酸化炭素排出量を算出しております。また、電力の二酸化炭素排出量に関しましては、生産の効率化、エネルギー対策の効果を測るため、従来から一定の二酸化炭素排出係数を利用して、二酸化炭素排出量を計算しています。

CO2排出量
総合単位指数

生産動向と酸化炭素排出量(原単位算出のための参考データ)

主力であるカーボンブラック、電極の二製品は、リーマン・ショック、東日本大震災とその後も、円安、原油安、アジア諸国の成長といったマーケットにさらされ、厳しい条件の中で生産は低迷してきました。
2013年に、生産はようやく下げ止まった感があり、2014年に回復傾向となりました。その結果、二酸化炭素排出量は前年比微増となりました。

二酸化炭素排出原単位 [原単位指数(2012=100)]

各事業部、工場一体となってエネルギー改善を行い、目標はクリアーしました。
しかし、工場によっては前年に比べての改善は数値が思うように現れてきていません。3カ年目標の達成のために本年も継続してエネルギーの削減に余談がありません。

産業廃棄物委託処理量

大規模工事による廃棄物が減少したことも廃棄物削減の大きな一因となっていますが、産業廃棄物の最終埋立て処理量の削減目標も加えたことにより、活動が活発化してきました。

横スクロールで表全体を確認

産業廃棄物委託処理量の推移
産業廃棄物委託処理量の推移

業廃棄物委託処理量の削減

産業廃棄物削減に対する問題意識が高まり、副資材の有価物化に成功した工場があります。
削減が緩やかになっているので、廃棄物の置き場への持ち込み量を管理し、各職場で産業廃棄物の発生抑制に努める等の計画をしている工場もあり、今後も、発生した廃棄物についても分別の徹底や高付加価値化を図り、委託処理量の削減を図ってまいります。

業廃棄物最終埋立て処理量の削減

産業廃棄物委託削減量の削減の他に、産業廃棄物のリサイクルをすすめ、最終埋立て処分量の削減にも取組んでいます。各事業場での積極的な取組みにより、毎年改善しています。

TOP