福利厚生・社員育成制度

未来を見据えた環境と制度

社員一人ひとりが安心して業務を遂行できるよう、また、業界の人材育成のためにさまざまな環境・制度を整えています。
特に、海外進出企業としてグローバルマインドの醸成や次世代リーダーの育成に注力しています。

福利厚生

多様な働き方に対応し、社員にとって働きやすい環境をつくるための充実の福利厚生。
すべての社員と家族が幸せを実感でき、安心していきいきと働ける会社を目指しています。

  • 人事面接制度

    毎年1回、人事部と個別面談を実施し、今後のキャリア等の希望ついて会社に伝えることができる制度があります。

  • メンター制度

    新卒新入社員には、研修を受講したメンターが付き、相談にのったり、アドバイスを行います。

  • 職場懇親会 費用補助

    職場で懇親会をする場合に、参加者1名につき年1万円を補助しています。

  • 社内イベント・クラブ活動
    奨励

    従業員親睦イベントやクラブ活動を奨励するため補助金を支給しています。

  • 寮・社宅 制度

    寮、社宅があり、割安な寮費・社宅料で入居が可能です(入居年齢制限あり)。

  • 結婚休暇

    本人や兄弟姉妹などの結婚にあわせて休暇を取得できます(最長6日間)。

  • 配偶者出産休暇

    配偶者の出産時に休暇を取得できます(最長5日間)。

  • 育児休業・時間短縮勤務

    育児のために、最長で子供が2歳になるまで休むことができます。また、復職後は子供が小学校入学までの間、勤務時間を短縮することが可能です。

  • 半日休暇制度

    半日単位で年次有給休暇を取得することができます。

  • 積立有給休暇

    社員の傷病や家族の介護など万が一の場合に備え、有効期間を過ぎた年次有給休暇を「保存休暇」として積み立てることができます(最大40日)。

  • ノー残業デー

    メリハリのついた仕事のできるよう、毎週1回ノー残業デーを設けています。

  • 従業員持株会

    長期的な資産形成の手段の一つとして、持株会を通じて、給与天引きにて、自社株式の購入を行うことが可能です。毎月の積み立てにあたっては会社から奨励金(積み立て額の5~10%)が支給されます。

社員育成制度

東海カーボンでは、自己啓発をベースに階層別研修と特化型人材育成研修の3軸で、社員の育成を行っています。

階層別研修

企業理念の浸透や、必要なスキルの修得とマインドを醸成することを目的に階層ごとの研修を実施しています。

  • 内定者研修

    通信教育でビジネスマナーの基本学習を行います。また、当社製品への理解を深めるため、事業場見学を実施します。

  • 新入社員研修

    外部講師と社内講師による会社理解とビジネスマンの基本を学びます。
    また、配属先での2~3ヶ月程度の現場実習を通じて、生産工程等について学びます。

  • 入社1年後研修

    入社してからの1年間の振り返りを通じて、ビジネスマンの基礎固めを行います。

  • 中堅社員研修

    管理者としての一歩を踏み出すために、目標管理方法やマネジメント等について学びます。

  • 新任課長研修

    組織を管理するミドルマネージャーとして必要な知識・能力を学びます。

  • 新任部長研修

    経営戦略を各部門の事業戦略に落とし込み、中長期的な目標を立案するなど部長職として必要な知識・能力を学びます。

特化型人材育成研修

若年層から海外赴任候補者等を選抜し、グローバルマインドの醸成や次世代のリーダー候補生を育成し、将来の経営層候補生を確保しています。

  • エグゼクティブ
    マネジメント研修

    将来の幹部候補を管理職層から選抜し、次世代リーダーとして必要な素養を身に付けます。

  • グローバルリーダー研修

    若手・中堅層を中心に次世代リーダーとしてのあるべき姿を考え、組織改革と自己成長に向けた具体的行動の考え方を学びます。

  • 留学型語学研修

    2~6ヶ月程度 海外の語学学校に通い、海外で活躍するのに必要な語学力やプレゼンテーション能力等を育成します。

自己啓発

キャリア形成を図るうえで必要となる資格取得や知識習得について自ら学習できるようサポートしています。

  • 通信教育制度

  • オンライン型語学研修制度

  • 資格・免許取得奨励金制度