東海カーボン 技術と信頼で未来に答えを

MENU

工業炉・関連製品

セラミック、電子部品、金属、ガラスなどを熱処理するときに使われる工業炉と関連製品です。グループ企業である東海高熱工業(株)が製造・販売しています。

エレマ発熱体/ 工業炉とは

スマートフォンなどの液晶画面用フラットガラスは、ガスや重油炉で作られます。さらにできたての高温状態から少しずつ冷やす必要があります。そのデリケートな温度調節に「エレマ発熱体」が使われています。エレマ発熱体は、1927年(昭和2年)にわが国で最初に市販された炭化けい素発熱体。発売以来品質の改良を重ね、現在では業界最大の生産規模になっています。また「工業炉」は、ガラスをはじめセラミック、電子部品、金属、粉体などを加熱、焼結したり溶解、熱処理したりするための装置です。私たちは工業炉の設計・製作、そして工業炉に必要な発熱体や耐火物の総合メーカーとしての複合技術で、小型試験炉から産業用大型装置まであらゆる分野に供給しています。

用途別の利用

フラットディスプレイ・電子部品

エレマ発熱体が、ガラス・電子部品・LIB他の各種熱処理で電気炉用ヒーターとして使用されます。

ケース・電子部品

当社の工業炉は、電子部品・LiBなどの熱処理用電気炉に使用されます

送電所遮断器

エレマ抵抗器は、大型遮断機、各種重電設備で使用されます。

品種別

エレマ発熱体

  • ・表面温度1500℃(SG型・SGR型は1600℃)に耐えます。
  • ・単位面積当たりの発熱量が大きくニクロム発熱体の約5~10倍です。
  • ・強度が高く耐衝撃性に優れ、化学的に安定しています。
  • ・大気汚染、騒音公害のない熱源です。
  • ・水蒸気、有害ガス対抗用に各種コーティング施工品を揃えています
  • ・取り扱いが簡単です

エレマ抵抗器

  • ・コイルを使用しない無誘導性です。
  • ・断線事故がなく高い信頼性があります。
  • ・耐電圧が高く、小型で大電力に使用できます。
  • ・高温度で使用でき、熱的、化学的に安定しています。
  • ・水中、水蒸気、油中で使用できます。

リクライトSiC 構造材

エレマ発熱体の製造技術と長年蓄積したSiCのノウハウを結集して開発した、高温に強く熱伝導性の高いセラミック構造材です。

  • ■吊り棒 RS900系/支え棒 RS900系/ビーム材 RS900系
  • ■板材品種(セッター) [品種]RS420、RS230、RS1000
    ※300×7tまで製作可能です。
  • ■その他の治具品種 [品種]RS420、RS230、RS900など
    用途に合わせて材質選定が可能です。

工業炉

オーダーメイドで、設計にあたっては以下のような特長があります。

  • ・製品処理ソフトに適した温度、雰囲気、圧力などの選定とコンピュータ化を取り入れています。
  • ・処理品の挿入・取出しのオートメーション化、省スペース、省エネ化を図ります
  • ・安全重視の設計を行っています。

TOP