社員の仕事検索

2019INTERNSHIP新規登録
2019INTERNSHIPマイページログイン
相手の仕事に興味を持つこと。
人との信頼関係ってそこから生まれる。
T.K.
電極事業部 防府工場 総務課
2016年度入社
同志社大学 法学部法律学科

当社の主力事業でもある人造黒鉛電極事業はもうすぐ100年を迎えますが、その対象となる素材カーボンはいまだに未知の部分も多く、その可能性を生かせばどのお客様にも最良の製品をご提供できるものと思います。
私は、それを生み出す工場において総務課に所属し労務を主に担当しています。スタッフ部門は業務の範囲も広く、中には公的な手続きも多くて、社会的な常識も含めたくさんの知識が必要です。そこで、過去の記録や本・インターネットなどを使って勉強しながら、自分なりに改善を図り仕事を進めています。
弊社が少数精鋭主義を採っていることも相まって、1年目から多くの仕事が自分に任せられているという実感もあり、責任感を持って取り組むといった姿勢が早くから身につくのではないかと思います。もちろん、わからないことがあれば、事務系・技術系問わず先輩にしっかり訊きながらで構いません。
一方、社員だけでなく協力企業の方など特に多くの人との関わりを持つ役割なので、バランス感覚も大切になります。実は、上長・先輩とOJTの振り返り面談をする中で、以前とは違う感覚を持ったときがありました。それは、他の人の仕事にも興味を持つようにしなければ、信頼関係を築いていくことはできないということです。今までは、ただ自分に与えられた仕事をこなすことに集中していましたが、そうではないと。発見でしたね。
将来的には、会社だけでなく業界・社会全体を正確に理解できるような感覚を持った人になりたいと考えています。同じ事務系とはいえ当社には仕事の種類もたくさんあるので、配置転換などに際しては、今とまったく異なる知識や考え方が必要になってくると思います。その中では、自分の仕事にこだわり過ぎず、広い視野を持って取り組んでいきたいと思います。

PAGE TOP