HOME > 製品情報 > 黒鉛電極 > 黒鉛電極の特長

黒鉛電極の特長

機械的強度が大きい

電気炉の大電流大電力操業により、電極は激しい機械的・熱的衝撃を受けるため、強度が大きく均質な電極の製造に努力いたしております。ニップルについては、これよりさらに大きな力が加わるため、これに耐え得る特性を持つよう製造条件を整え、強度を大きくしております。

熱衝撃に強い

電極の熱膨張係数、ヤング率、熱伝導度、機械的強度などは、急冷急熱に対する抵抗性に関係します。当社は原料、および製造条件について研究を重ね、熱膨張係数を小さくし熱伝導度および強度を大きくし、耐熱衝撃性の改善を図っております。

許容電流量が多い

原料、配合、均一黒鉛化により固有抵抗が低いうえ加工精度が高く、ポールとニップルの接触抵抗が低いので許容電流容量は極めて大きく、大電力操業の場合も過熱による異常消耗を避けることができます。

加工精度が高い

当社製品は、加工精度が非常に高いので、電極相互およびホルダーとの接触抵抗が低く、エネルギーの損失や電極の酸化消耗が避けられるばかりでなく、大電流大電力操業にありがちな厳しい振動にあっても、適正なトルクで接続されている限り緩むことはありません。また、緩みの完全防止を目的とした接着ペーストを取り付けたタイトニップルの製造も行っております。

この製品に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

03-3746-5112

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

このページの上部へ