HOME > 製品情報 > 黒鉛電極 > 黒鉛電極の取り扱いについて

黒鉛電極の取り扱いについて

黒鉛電極の取り扱いについて(炭素協会PL対策委員会監修)

ご使用になる前に、製品安全データシート(MSDS)がある場合は、併せてよく読んで正しくご使用下さい。

警告

1.運搬荷おろし時

重量物であり、落下したり荷振れした場合には人身事故や設備の破損を引き起こす恐れがあります。

  • 吊り上げ時やフォークリフト上にある時は、その真下及び周辺には絶対に立ち入らないで下さい。

2.保管時

パレットを積み上げすぎると、崩落して人身事故を引き起こす恐れがあります。

  • 積み上げ高さは極力低くして下さい。

3.使用時

電極及び電極コラム吊り上げ時、落下したり荷振れし人身事故や設備の破損を発生する恐れがあります。

  • 吊り上げ時はその真下及び周辺には絶対に立ち入らないで下さい。
  • ねじ山または端面の破損した電極は使用しないで下さい。
  • 接続に際しては、エアーブローで接続部を清浄にし、芯出しを確実に行い、適正なトルクで締め付けて下さい。
  • 電極を把持する時はソケット部を避けて下さい。リミットマーク(ソケット表示)外を把持して下さい。
  • 接続部の汚れを防止するためコラムキャップをご使用下さい。
  • 接続部に弛みの発生したコラムは使用しないで下さい。

電気及び熱の伝導性が良いので感電や火傷の恐れがあります。

  • 通電中や加熱する時は、周囲に立ち入らないで下さい。
    やむをえず立ち入る場合は耐熱性、絶縁性の防護用衣類、手袋等を必ず着用して下さい。

4.折損電極取扱時

折損電極取出し時、落下したり荷振れし人身事故や設備の破損を発生する恐れがあります。

  • 炉内より取出す時は、ワイヤーを使わないで下さい。チェーン及びチェーン付きトングを使用して下さい。
  • 吊り上げ時は、その真下及び周辺には絶対に立ち入らないで下さい。

折損電極(ニップル及びニップルセメントを含む)の切断等を行う時は、粉塵が発生し吸入・付着により、肺、気管支、眼球を痛める恐れがあります。

  • 防塵マスク、集塵機をご使用下さい。また作業終了後はうがいをして下さい。
  • 違和感のある場合は医師の診断を受けて下さい。
  • 防塵メガネをご使用下さい。
  • 万一目に入った場合は、直ちに多量の水で15分以上洗い、眼科専門医の診断を受けて下さい。

注意

1.使用時

開梱時には、電極の転がりや切断後のスチールベルトの跳ねにより、身体を傷つける恐れがあります。

  • ストッパーを必ず使用し、作業位置を安全側にとって下さい。
  • ヘルメット、安全靴など必ず保護具を着用して下さい。

電極には自己潤滑性があり足を滑らせて転倒する恐れがあります。

  • 裸の電極の上には乗らないで下さい。

2.折損電極取扱時

折損電極は、赤熱時はもちろん黒くなっていても高温のことがあり、火傷、火災の恐れがあります。

  • 取扱時は、必ず耐熱防護服等を使用して下さい。
  • 折損電極置き場には、可燃物を置かないで下さい。

粉塵は自己潤滑性があり、足を滑らせて転倒する恐れがあります。

  • 堆積しないよう床、階段等良く清掃して下さい。

粉塵が堆積すると漏電、短絡による火災の恐れがあります。

  • 堆積粉塵を取り除いて下さい。

注意

素材・加工粉・残材・使用済み製品の廃棄は環境汚染の原因となります。産業廃棄物として正規の産業廃棄物処理業者に処理を依頼して下さい。

この製品に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

03-3746-5112

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

このページの上部へ