HOME > CSR・環境 > 環境保全活動

環境保全活動

二酸化炭素(CO2)排出原単位削減および産業廃棄物削減の取組み

企業活動と環境の調和、持続可能な循環型社会の実現に向けて、経営における最重要課題の一つとして、当社では継続的に二酸化炭素排出原単位の削減と産業廃棄物の削減に取組んでいます。
当社工場では電力エネルギーに頼る業種が多く、様々な工夫を凝らし、電力の使用量を削減することが重要な取組みとなっています。
産業廃棄物は、最終埋立て処理量の削減目標を加えたことにより、外部委託処理量の削減の目標のみを掲げて活動をしていたころに比べ成果が表れるようになりました。

二酸化炭素(CO2)排出原単位の削減

二酸化炭素排出量は特に生産の増減によって影響を受けます。原単位も生産量によって複雑ではありますが、上下しますので、短期的な結果に一喜一憂するのではなく、今後も現実的な対応を積み重ねて、継続的に二酸化炭素排出原単位の削減への取組みを進めてまいります。
本報告では、二酸化炭素排出量を当社の二酸化炭素排出状況に則して、経済産業省、経団連の低炭素実行計画より広い範囲の燃料、原料の使用量を把握し、二酸化炭素排出量を算出しております。また、電力の二酸化炭素排出量に関しましては、生産の効率化、エネルギー対策の効果を測るため、従来から一定の二酸化炭素排出係数を利用して、二酸化炭素排出量を計算しています。

CO2排出量
CO2排出原単位推移

生産動向と酸化炭素排出量(原単位算出のための参考データ)

主力であるカーボンブラック、電極の二製品は、リーマン・ショック、東日本大震災とその後も、円安、原油安、アジア諸国の成長といったマーケットにさらされ、厳しい条件の中で生産は低迷してきました。
2013年に、生産はようやく下げ止まった感があり、2014年に回復傾向となりました。その結果、二酸化炭素排出量は前年比微増となりました。

二酸化炭素排出原単位 [原単位指数(2012=100)]

各事業部、工場一体となってエネルギー改善を行い、目標はクリアーしました。
しかし、工場によっては前年に比べての改善は数値が思うように現れてきていません。3カ年目標の達成のために本年も継続してエネルギーの削減に余談がありません。

産業廃棄物委託処理量

大規模工事による廃棄物が減少したことも廃棄物削減の大きな一因となっていますが、産業廃棄物の最終埋立て処理量の削減目標も加えたことにより、活動が活発化してきました。

産業廃棄物委託処理量の推移

業廃棄物委託処理量の削減

産業廃棄物削減に対する問題意識が高まり、副資材の有価物化に成功した工場があります。
削減が緩やかになっているので、廃棄物の置き場への持ち込み量を管理し、各職場で産業廃棄物の発生抑制に努める等の計画をしている工場もあり、今後も、発生した廃棄物についても分別の徹底や高付加価値化を図り、委託処理量の削減を図ってまいります。

業廃棄物最終埋立て処理量の削減

産業廃棄物委託削減量の削減の他に、産業廃棄物のリサイクルをすすめ、最終埋立て処分量の削減にも取組んでいます。各事業場での積極的な取組みにより、毎年改善しています。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせはこちら

03-3746-5100

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

このページの上部へ